Posted by at

2012年07月27日

「市民の市民による市民のための」電力供給会社

「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡をつづったドキュメンタリー(実話)『シェーナウの想い』は、これからの糸島のモデルにもなり得るかも。

ぜひ、明日は、伊都文化会館へ!

+++++

『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』上映会&九州LOVERS木村雄一さんトークライブ

日 時:7月28日(土) 13:30~17:00 *終了後交流会あり。
場 所:伊都文化会館 (福岡県糸島市前原東2丁目2-7)
    *筑前前原駅より徒歩10分。
資料代:500円 (定員100名) 
予 約:Facebookにて または 
    いとしま法律事務所 tel:092-332-9960 fax:092-321-0220 
    e-mail: no_genpatsu_ito@goo.jp
   *予約優先です!定員になり次第締め切らせていただきます。
   *映画・九州LOVERSの詳細は
     http://kyushu-hinan.net/9-lovers/home.html
   *託児はございませんが、お子様づれの方もどうぞご遠慮なくお越しください。


◆映画『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』
 ドイツ南西部、黒い森の中にある小さな町シェーナウ市の市民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という思いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡をつづるドキュメンタリー
http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/eiganaiyou.html

◆木村雄一さんトークライブ(九州LOVERS代表)
 宮城県石巻市出身。3.11当時は、福島市でライブハウスを経営。生後半年も満たない娘を放射能から守るため、昨年6月に佐賀県鳥栖市へ避難。現在は「九州LOVERSプロジェクト」を立ち上げ、新鮮で放射能フリーな野菜を仲間と栽培し福島へ送る活動をしている。
 ご実家の津波被害、福島原発事故から避難に至るまで、そして現在の思い、活動を熱く語っていただきます。
 http://kyushu-hinan.net/9-lovers/home.html
  

Posted by かーちゃん行政書士 at 10:32Comments(0)